検索

開室時間(クリックで表示)

所在地

〒102-8160
東京都千代田区富士見2-17-1
法政大学 ボアソナード・タワー14階
資格課程実習準備室
 
あなたは814571人目です。

2019年度企画展「亥と子~十二支の終わりと始まりの動物たち~」



本年度は、2019年と2020年の十二支にちなみ、猪〈亥〉と鼠〈子〉をテーマに企画展を開催します。文献や玩具、信仰という様々な側面から、動物たちと人間との関係を考えます。

<企画展の構成>
◇ 文献における猪と鼠
 江戸時代から現代まで、猪と鼠がどのように描かれてきたかを見ていきます。また、鼠が主人公の海外作品
 も紹介します。
◇ 玩具から見る猪と鼠
 本学所蔵の郷土玩具や凧のコレクションから、猪と鼠がモチーフとなっているものを展示します。
◇ わたしたちに身近な猪と鼠
 学芸員課程の実習生によるフィールドスタディの報告です。猪と鼠にまつわる信仰や、各地の寺社に関する
 調査報告となっています。

日時

2019124日(水)~2020131日(金) 午前10時~午後6

休館日

日曜・祝日、1224()17()117()118()

会場

法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー14階 博物館展示室

キャンパスマップ

交通アクセス

入館料

無料 ※どなたでもご覧いただけます

主催

法政大学資格課程

お問い合わせ先

法政大学資格課程実習準備室 TEL03-3264-4360

 

資格課程が主催・共催したこれまでの企画展

博物館学芸員課程では毎年度、学内実習の成果として学内の展示室を用いて企画展を実施しています。

2018年度「発犬展~犬と歩んだわたしたち~」
会期:2018年11月19日~2019年1月31日


2017年度「鳥・再発見~人々の祈りと語り~」
会期:2017年11月14日~2018年1月30日


2016年度 「猿にまつわる文化史展」
会期:2016年11月15日~2017年1月30日


2015年度 「法政大学所蔵 俵有作コレクション~色にみる凧展~」
会期:2015年11月17日~2016年1月30日


2014年度 「谷川徹三展」
会期:2014年11月11日~2015年1月31日


2013年度 「野上豊一郎と弥生子展」
 会期:2013年11月12日~2014年1月16日


2012年度 「法政大学と大内兵衛展~われらの願い~」
 会期:2012年12月4日~2013年1月31日



2011年度 「法政大学スポーツ展~法政野球~」
 会期:2011年12月6日~2012年1月31日


2010年度 後期 「ヒーロー・ヒロイン 凧 見参」
 会期:2010年12月7日~2011年1月22日

2010年度 前期 「凧 法政大学所蔵比毛一朗コレクション」
 会期:2010年7月6日~2010年8月5日


2008年度 後期 「モチーフとしての動物たち~法政大学玩具展そのⅢ~」
 会期:2008年11月5日~2008年11月29日

2008年度 前期 「玩具と音の景色展~人びとの願いと暮らし~」
 会期:2008年7月8日~2008年7月31日

2007年度 「能面~神宮 清氏作品~」(野上記念法政大学能楽研究所と共催)
 会期:2007年10月30日~2007年11月20日

2006年度 「樽職人~玉ノ井芳雄のキャリアと技~」
 会期:2006年11月7日~2006年12月6日

2005年度 「北上川流域の考古学資料~法政大学所蔵伊藤鉄夫・陽夫考古学資料展~」(文学部史学科と共催)
 会期:2005年10月11日~2005年12月3日

2003年度 後期 「法政大学とボアソナード・梅謙次郎展」 (法政大学史資料委員会・法政大学図書館と共催)
 会期:2003年10月14日~12月13日

2003年度 前期「世界の中の能~外国人の能楽研究~」 (野上記念法政大学能楽研究所・法政大学図書館と共催)
 会期:2003年7月1日~19日・8月19日~21日