レポート

現在公開されている課題はありません。

博物館セミナーのご案内(4/28掲載)

博物館セミナーのご案内(4/28掲載;6/15更新)
2017/06/15

博物館セミナー参加者資料を配布しています

Tweet ThisSend to Facebook | by 資格課程
先日申し込みを受け付けた「博物館セミナー」の参加者に当日の資料を配布しております。
申し込みを行った学生はBT14階資格課程実習準備室まで資料を取りにきてください。
その際、学籍番号と氏名を確認します。確認できるものを忘れずに持参してください。

なお、配布は7月22日18:30までとさせていただきます。
16:17
2017/04/28

博物館セミナーのご案内(4/28掲載)

Tweet ThisSend to Facebook | by 資格課程
本学が参加している、東京国立博物館キャンパスメンバーズの事業として、
「博物館セミナー」の案内が来ています。

博物館セミナーとは(募集要項より):
「広く博物館に関心のある学生を対象としたレクチャーです。
博物館の事業や取組について、当館の研究員や職員が実例を交えながら解説を行います」
対 象:東京国立博物館キャンパスメンバーズ会員校の学生
     博物館学芸員課程を受講していなくても参加できます。
参加費:無料
定 員:380名(キャンパスメンバーズ参加校全体での数です)
会 場:東京国立博物館 平成館 大講堂
日 時:7月26日(水)10:30~17:15
申し込み方法:
大学で取りまとめての申し込みになります。
参加を希望する場合は、市ヶ谷キャンパスボアソナード・タワー14階
資格課程実習準備室で申し込んでください。
応募締切:5月20日(土)18:30
備 考:5月4・6日の博物館実習Ⅰ、5月6日の博物館概論の授業で案内を配布します。
14:30

お知らせ:国立新美術館サポート・スタッフの募集(4/14掲載)

平成29年度 国立新美術館サポート・スタッフの募集が始まります。
博物館学芸員課程を受講していなくても登録が可能です。
興味のある方は、国立新美術館のHPを確認してください。

http://www.nact.jp/education/supportstaff/

対象:
平成29年度に大学(四年制大学または短期大学)もしくは大学院に在学中の方
下記の受け入れ期間をとおして当館へ通える方
5月27日(土)13:00~16:00に開催される登録説明会に参加できる方

登録説明会申し込み受付期間:

平成29年4月17日(月)15:00~5月10日(水)15:00
※先着順・定員30名

 
お知らせ
『法政大学 資格課程年報』Vol. 6(2016年度)が刊行されました。
 

お知らせ:「修了証書」の申請について(4/14掲載)

法政大学資格課程委員会より、資格課程修了者に対して修了証書を授与します。
これは、資格取得の要件を満たしたことを法政大学資格課程委員会が
卒業時に表彰するものです。
修了証書を希望する方は申請手続きを行ってください。
申請者に対してのみ授与します。

1.授与対象の資格: ①図書館司書、②社会教育主事、③博物館学芸員
 ※司書教諭は別途大学にお申込みください。

2.申請対象者:下のAに該当する者。
社会教育主事のみ、下のAまたはBに該当する者。
A.【図書館司書・社会教育主事・博物館学芸員】以下(1)(2)の条件をすべて満たす方
(1)2018年3月卒業・大学院修了見込者 ※9月卒業生及び科目等履修生は対象外
(2)上記1.①~③の各資格の全単位修得者(2018年3月修得見込者含む)

B.【社会教育主事のみ】以下(1)(2)の条件をすべて満たす方
(1)法政大学に2年を超えて在学し、卒業所要単位のうち62単位以上を修得した者
   (見込みは含まず)
(2)社会教育主事課程に必要な全単位修得者(見込みは含まず)
3.申請書類配布・受領期間と場所
(1)期間:2017年4月10日(月)~5月19日(金)※日曜祝日除く
        9:00-11:30、12:30-17:00(土は9:00-12:00)
(2)場所:教職・資格担当(58年館1階)・資格課程実習準備室(BT14階)等

4.授与日: 2018年3月24日(土)の予定 ※確定日時等は別途掲示

5.注意事項
法政大学資格課程修了証書は、就職先等に提出する単位修得証明書(資格を取得したことを大学が証明する証明書)とは異なります。
単位修得証明書が必要な方は、別途、所属学部に申請してください。

 

資格課程からのお知らせ

資格課程からのお知らせ
1234
2016/11/16

「猿にまつわる文化史展」(2016年11月15日~2017年1月30日)

Tweet ThisSend to Facebook | by 菅原真悟
2016年の干支は<申>です。そこで、本年度の展示では、「猿」にちなんだものを文学・美術、遊戯・玩具、信仰などのジャンルから紹介します。

文学・美術における猿のコーナーでは、有名な昔話や絵画作品、近代の作家らによって書かれた物語、絵本などを紹介します。

玩具のコーナーでは、長年にわたり学生たちが収集した資料の中から、猿の玩具を選りすぐって紹介するほか、本学所蔵の凧コレクションからも数点展示します。

猿は昔からいろいろな形で信仰されてきました。神猿信仰や庚申信仰がその代表です。法政大学周辺の神社や寺にも数多く存在し、信仰のコーナーではそれらを写真で見ていきます。

そのほか、法政大学が所蔵している猿に関連する資料の中から、孫悟空のレリーフと猿の掛け軸などを紹介しています。

「猿」とはどのような存在なのか、そして形になってあらわれる「猿」にはどのような姿があるのか。
「猿」について、あらためて見つめなおしてみませんか。

 


日時

20161115日(火)~2017130日(月) 午前10時~午後6

休館日

日曜・祝日、1225()19()113()114()

会場

法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー14階 博物館展示室

キャンパスマップ 

交通アクセス

入館料

無料 ※どなたでもご鑑賞いただけます

主催

法政大学資格課程

お問い合わせ先

法政大学資格課程実習準備室 TEL03-3264-4360


16:12 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
1234